高濃度CBDは規制がかかり販売禁止になるかも?

更新日:

現在、エピディオレックスという薬が治験段階にあります。CBDを98%含み(THCが含まれない)残りは他のカンナビノイドを含む医薬品です。

ドラベ症候群とレノックス・ガストー症候群の治療のための薬なのですが、治療薬としての承認を得た場合、今販売されている高濃度CBD製品は販売が規制される恐れがあります。

エピディオレックスと高濃度CBDオイルは、非常に似たものになっています。
エピディオレックスが医薬品として承認されると、エピディオレックスより高い濃度のCBD製品が販売されていることになってしまいます。

サプリメントの方が高濃度で、医薬品の方が低濃度になってしまい、都合が悪いのです。

FDA(アメリカ食品医薬局)はすでにCBD製品を製造している栄養補助食品メーカーに警告書を発行しているとの事で、今後は高濃度CBDが法律によって規制される可能性が高いでしょう。

どのくらいの濃度のCBD製品が規制されるのかは不明ですが、エピディオレックスが100mg/ml(1mlに100mgのCBDが含まれる=濃度10%)とありますので、濃度が10%を超える製品は規制されるのではないでしょうか。

国産のCANOVYは問題ないとは思いますが、外国産高濃度CBDは買えなくなってしまうかもしれません。

外国産高濃度CBDを買うなら今のうちです。

CBDオイル正規輸入販売

おすすめ記事

-CBDオイル

Copyright© 高濃度CBDオイルは大きな希望です , 2019 All Rights Reserved.